【ナースが教える】インティマレーザーを使った小陰唇縮小の手術の実際♡

美容外科ナースのもん吉です♡

今日はインティマレーザーを使った小陰唇縮小について勉強しましょう!

これまで、入浴時の膣のゆるみが気になる、デリケートゾーンの黒ずみを改善させたい、くしゃみなどふとした瞬間に尿漏れしてしまうなどのお悩みは誰にも相談できないだけではなく抜本的な解決方法がありませんでした。

そんな中で、それらのお悩みを一気に解決できるレーザーが登場し大きな注目を集めています。

それがインティマレーザーなんですね。

 

膣全体に緩やかに作用。小陰唇縮小効果はすくない

レーザー法で使用するインティマレーザーは、小陰唇や膣口、膣内粘膜などにレーザーを照射してメスを使わずに膣の状態を整えることができます。

従来型のメスを入れる方法では小陰唇縮小効果は少ないのが大きな課題でした。

でも、インティマレーザーでは膣の細胞や筋肉に直接働きかけて膣の引き締めができる上、膀胱が本来の位置へ引き上げられるので尿漏れ改善も期待できるます。

また、照射範囲を調整することで小陰唇や大陰唇、乳首などの黒ずみ改善も実現します。

専用の機器により最適な波長を持ったレーザーを照射するので組織への影響が極めて少なく、火傷や出血が皆無であるのはもちろんのこと、ほとんど痛みを感じること無く安心して手術を受けることができます。

ただし、膣全体を緩やかに引き締める効果なので、小陰唇肥大に関しては切除法ほどに改善しません

 

レーザー法(インティマ)はこんな人にお勧め

レーザー法による小陰唇縮小手術は、加齢や体質に起因する膣のゆるみや黒ずみが気になり女性器全体を若返らせたい方はもちろんのこと、膣の締まりも改善したい方にもおすすめです。

また、レーザー法はお肌にやさしいインティマレーザーを使用するため安全である一方で、皮膚組織の深部まで効果を発揮することは難しいことから小陰唇肥大は軽度な方のみ向いている方法です

レーザー法では最新の機器による適切な波長のレーザーを使用し火傷や痛みなどのリスクを皆無とすることに成功しており、従来型の方法での対処を躊躇していた方でも安心して手術を受けられます。

施術時間は1回あたり10分から15分程度、施術回数も多くは1回、最大でも3回程度で完了することが可能で忙しい方でも素早く理想のボディを手に入れることが可能です。

 

まとめ

以前の小陰唇縮小手術はメスを入れるのが主流で、術後のケアや縫合痕を気にして躊躇していた方も少なくありませんでした。

ここ数年で安全なインティマレーザーを使用した方法が登場し一気に普及し、これまで女性特有のお悩みに何も手が打てなかった方にも火傷や痛みのリスクが皆無で手術を受けられることから希望の光となりました。

自分らしく健やかな毎日を過ごすために、インティマレーザーで膣全体の若返り術を受けて新たな自分に生まれ変わった女性が増えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です